アポクリン汗腺

40分程度の治療だから忙しい方も受けやすいです。

わきがのニオイの原因は、簡単に言うと、汗の成分が皮膚に棲む常在菌によって分解されることで起こります。

 

 

ひとくちに汗と言っても2種類あり、ひとつはエクリン汗腺から体温調節のために分泌されるサラっとした汗、そしてもうひとつは、アポクリン汗腺から分泌される、たんぱく質や脂質を含んだ少々粘り気のある汗です。

 

 

アポクリン汗腺は、大昔、人間がまだ動物に近かった頃、フェロモンを分泌する役割を果たしていたといわれ、ワキやデリケートゾーンなど、局所的に集中しています。

 

 

どちらの汗腺から出る汗も、その汗そのものにはほとんどニオイはないのですが、アポクリン汗腺から出る汗には、常在菌のエサとなるような成分が多く含まれるため、結果としてニオイが発生するもととなっているのです。

 

 

汗腺の数には個人差があり、わきが体質の人は、アポクリン汗腺の数が多かったり、大きかったりすることがわかっています。

 

 

わきがは軽度のものであれば、市販の制汗剤で対処できる場合も多いのですが、それでもニオイが気になる、中度〜重度の場合は、専門のクリニックで、注射や手術で治す方法もあります。

 

 

近年ではわきがの治療も進歩し、メスを使わない治療を行っているクリニックもあります。

 

>>ウルセラドライ公式サイトはこちらから<<